疲れを感じたその身体に効果的|黒酢にんにくの摂取で体内から元気

夫婦

健康と美容の味方のサプリ

ブルーベリー

欧米では医薬品扱いの成分

海外では脳血管障害といった医薬品の成分として昔から使用されるアントシアニンは、運動など発生する活性酸素の生成を抑えて、血液をサラサラにする作用効果がありますから、ほかにもガンならびに虚血性心疾患の予防効果も期待されています。日本では一般的に目に良い定番のサプリメントとして知られており、ブルーベリー、ナス、紫キャベツなどのフルーツや野菜に含まれている紫色系の天然色素です。但し、現在まで日本においてはアントシアニンの効果は公的には認められておらず、欧米のように医薬品として扱われていません。しかし、様々な民間の研究機関で研究が盛んに行われており、眼精疲労、抗酸化作用などの健康補助食品として人気が高く、普段の食事のなかで摂るよりもサプリメントとして効率良くアントシアニンの成分を摂りいれるのが望ましいとされています。

より効率良く摂取する為に

多種多様な研究により、アントシアニンを体内に摂りいれる事で眼精疲労、眼病、あるいは多くの生活習慣病の予防効果が期待される非常に注目度の高い成分ですが、日本では特に目の健康をサポートする栄養機能食品には、欠かせない存在となっています。その為、ほとんどの目に良いサプリメントには、比較的アントシアニンの含有量が多いブルーベリー等が、主成分として配合されています。これからアントシアニンをしっかり摂取したいと考えているならば、主成分の配合量も考慮してサプリメントを正しく選ぶのが望ましいと言えます。また、最近ではアントシアニンのなかでも特にカシスアントシアニンが、ブルーベリーには含まれない栄養素がありアンチエイジングのサプリメントでは人気の成分なので目的によってアントシアニンのサプリメントを使用すると効果的です。